2019年1月 4日 (金)

一家の新年会

例年の如く子供達が家族を連れ集まった。

去年は都合で7人での新年会だったが今年は12人の全員集合になった。暮前から長女が酒を持ってきていた。例年なら持ってきた段階で飲んでしまったが今回は全然口にしなかった。30日まで手つかずで残っていたが30日に長女が持参した鳴門鯛を半分飲んでしまった。元日勢ぞろいした酒は左から
広島賀茂鶴ゴールド、青森百川初しぼり、徳島鳴門鯛、新潟栄川、山口獺祭と銘酒を長女が旅先で集めたものや友達から頂いたものという。楽しみだ。

190101omiki

昼前に集合し雑煮とお節をワイワイ言いながら食べる。離れた勝手から12人分を配膳するのは時間が掛かり冷めてしまう。ついこないだまで食卓の下に潜り込んで遊んでいた子も中学一年生でそれぞれの興味を語ってくれたが鉄道お宅で北海道の00線とXX線の00駅とXX駅は近くバスで連絡していると云う。乗ったこともないのにそらんじて居る。もう一人はcpでゲーム造りをしてるという。ソフト名を言うが聞いてもさっぱりわからない。
食後に全員で般若心経を読む。お袋の葬式から折に触れ読んでいるので子供達はほぼ暗記している。大勢の声がバックに聞こえると観音様が小乗の覚者である舎利子に小乗の教えと大乗の教えは違うのだ。人間には求めきれない真理を求め何時までも何時までも旅して行こうと唱えるとそう努力したいと素直に思う。

その後お寺に全員で墓参りをする。暮れに掃除をしたが目立ったごみを取り花を添え線香を捧げた。2歳の孫も見まねで線香をあげた。みんなが健康で過ごせますようにとお願いをした。
今までは川に行って凧上げとソリ滑りを楽しんでいた。中一になるとそれらを卒業して見向きもしない。晩御飯迄家族単位で過ごし再集合してからは大富豪をして楽しんでいた。盛り上がったのは防衛省の売店で売っている「炎の激辛大作戦」丁度12ヶの饅頭の中に唐辛子で辛くした餡が入っているのが2ヶあり誰が引くか戦々恐々で一斉に食べたゲームだ。如何したわけか長女と次女が大当たりだった。たわいのない皆が参加できるゲームを来年は用意しよう。

4時には夕食になり愈々酒の時間となる。銘酒は見るだけで饒舌になり喋りで肺気が発散されると酒が胃に入りやすい。賀茂鶴が空き、百川が空き、鳴門鯛はお燗でお替りをし空き獺祭に手を着けて内輪で終了とした。暮れに練習していたので少しは飲めた。日本国中美味しい酒がある。

孫たちの急速な成長を見るのは眩しく楽しみだ。

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとう御座います。

本年も宜しくお願い申し上げます。

31nennenga02

2018年12月31日 (月)

30日の出来事

30日長女は鳴門鯛吟醸飛切一升瓶を下げて、次女が2歳を過ぎた孫娘の成長を見せに揃ってきた。長女は正月用の煮物を作るのが目的だ。

一区切り着いたところで女房と娘2人と孫をプラスして買い物に行った。孫は次女に抱っこ紐で胸に抱かれていった。孫は27日木曜に39度の熱を出したが流感ではなかった。

買い物から帰った4人がかたずけが終わったところで煮物とすき焼きで長女と一杯やりだした。まず常温で飲むが旨い酒だ。長女が言うにはお父さんは何時も燗で飲んでるからこの酒は燗酒用だと云う。私は酒は自分から飲むことは最近はない。娘が飲もうと私の好みの燗酒用の酒をワザワザ買ってきたのでぬる燗をつけた。
久しぶりなので早く飲もうと一本は30秒のチンで口を付けた。弱い刺激味があり口中がモヤっとした感が有った。湯燗した方は刺激もなくまったりと喉を過ぎて行った。湯燗した方がズーッと美味い。

301230kure

2人で気持ち良くなってきた頃次女が寒気がして頭が痛くムカムカすると言い出した。熱を測ると38.5だと云う。明後日の新年会は中止か?と思いながら
次女親子をどうするかを考えた。次女は我が家に泊まり孫は主人が迎えに来て連れて帰る事になった。私は急いで煎じ薬を調合した。
孫は母も一緒に帰るものとお思っていたが違ったので大泣きしながら帰って行った。

孫は流感ではないと言われたが偶々検査で発見されないで次女に移ったのだろうか?(急に高熱を出すのは流感のパターンだ。)だとすると私を含め3人はこの場で罹患し正月は高熱が出るだろうと酔っ払いながら心配した。熱は上がり39,5度になった。薬は間違いないと続けた。6畳の台所に閉めっきりで5人でいたので感染するには十分すぎる。

長女は鉄道好きの息子が明朝5時に白川郷から父親と帰るのでと帰って行った。午前0時過ぎに体温は38.2度になった。薬は2時間ごとに飲ませ2時頃一服し暫くして37.6度という。朝になったら35,6度、計りなおして36.1度だが流感だったら正月に他の子供や親に移してはいけないので大晦日の救急医にかからせたら延々3時間待ちの12時ごろやっと診察が終わり流感ではないと分かった。

これで例年の如く私達を入れ4家族が集まることになった。
めでたしめでたし。

2018年12月28日 (金)

魚煮付け

相変わらず週二で魚屋さん通い。普段10時からなのに暮なので9時開店とある。普段の10時より3倍は車が停まり満車に近い。寒く強風が吹くのにご苦労さんだ。昼用の魚と朝食用の少しは日持ちのする食材と何時もの決まったものを揃える

晩飯は鯛のアラ煮にすることにした。前回は気張って金目の頭付きの煮つけにした。
301228yuuge00

汁が無くなる迄じっくり煮込んだのでしっかり味が沁み込んでいて旨い。頭を穿るのが楽しい。ゼリー状の目玉の周りは特にうまい。頬の肉を穿り食べていて 入れ歯にした当初、頬を噛むので頬がこけてきたのでその分内側に膨らんで噛んでしょうがないと言ったところ娘たちに笑われたのを思い出した。

魚屋さんは荷物台を店外にテント張りにし売り場を広げ品物を増やし歩きやすくもしている。それでも混んで人とぶつかりそうだ。31日は朝4時から営業らしい。随分混むものだ。海産物の冷蔵業をしている友も隠居にもかかわらず12月は忙しくてと天手古舞という。

正月用の買い出しもあるが今日明日の食事を買い求めるのだろう。来店の数にはびっくりする。

午後はスーパーに蒲鉾、だし巻き、田作り等オセチの買い出しに荷物持ちとして引っ張り出された。娘と女房に任せきりだった暮の買い物は結構大変だ。

2018年12月11日 (火)

子供の頃は近所に魚屋さんが有って経木に魚の品書きを墨書して注文取りに来た。魚は好きではなかったが週のうち4、5日は魚だった。カレイ、金目、サメやナマリ(カツオの加工品)の煮つけは多かった気がする。刺身は特に好きではなかった

隠居してから週二回は00魚類やxx市場に魚を買いに行く。魚は腹ごなれが良く胃がすっきりして気持ちよい。

現役の頃は休日に上野の「かっぱ寿司」によく行き並んですし詰めのカウンターで腹いっぱい食べた。偶に回転ずしに行くと家族連れが多く子供が一杯で子供が生魚を好むのにも驚いた。

サメやナマリは魚屋で眼にしない。一昨年辺りから値段が上がったがカツオの刺身はフライパンで表面を焼いて叩きとしてよく食べる。

今年は秋刀魚が10月下旬から一尾100円を切るようになり安くなってからよく食べた。

ブリの切り身も手ごろなのでよく食べる。

一つ利口になったことが有る。カレイがカレイの名でトレーに乗るものは二切れで400円位だが市場でナメタカレイだよ良い品だよと言われ買ったがその価値を知らないので一切れ400円近いのに少し高いなと思った。煮付けで食べたが美味しかった。00魚類の方で二切れ400円位のを買ってみたが味が薄い感じがし別物だった。
行くたびに両方の店でナメタカレイの値を見るが一切れ400円から600円する高級魚だと分かった事だ。

市場でヤリイカを一杯と言ったところスルメと違って高いよと心配された。小ぶりなのを幾らですかと問うたところ目方を計って430円とのこと。00魚類では小さめの二杯で300円位で相場は知っているので求めた。何時ものより肉厚で旨かった。

それよりもキンメダイが結構高価だ。子供の頃よく食卓に出た気がするがこの値じゃ頻繁ではなかったのだろう。

最近の大当たりは市場で見つけた本マグロの切り落としで山盛りの鉄火丼で満足して食べている。

2018年12月 6日 (木)

免許証更新時認知検査

9月に交通安全協会から免許証更新時の講習のはがきが来た。友達から聞いたりTVで大よその事は知っていたが直ぐ申し込む気はせず一か月してから教習所に電話したら二ヶ月後の三時半からが最短ですと言われた。それでと申し込んだ。

前日の昼に教習所から明日三時十五分には来てくださいと電話があり免許証、料金、筆記用具を用意した。

老人8人が運転免許更新時認知検査を受けた。最高齢は86歳の婦人がいた。75歳からの人が対象というから更新時は二歳超過なので私は年少ではない。

日時名前等の記入から始まり一枚のボードに4ヶの絵が有りボード4枚16ヶの絵を見て記憶しある作業の後記憶した絵の名を書きだす検査がメインのようだ。最終問題は指示された時間を白紙に時計の文字盤を書いてから長針短針を記入して仕上げる問題だった。

記憶テストが運転と如何関係するかと疑問があったがいざ記憶しようとすると集中力が希薄だ。集中度を確かめるには良い方法かもしれないと検査を受けていて思った。

ヒントがない書き出しでは思い出せない物もあり、ヒントありで思い出したものもあった。

全員合格となり実技の講習の予約を取り必要書類を受け取り一ヶ月半後に
また50年前に通った教習所に行く。

待ち時間に運転教習の様子を待合室から見ていると私が習った時よりはずいぶん親切に授業をしているようだ。

2018年11月30日 (金)

酒異変

去年の今頃は小はん師匠のヤクルトホール会が有ったが今年は定例会と同じ湯島天神での独演会だった。師匠を含め同窓会のような雰囲気だ。

9月に胃カメラと腸の内視鏡検査をし2年続けて大腸のポリープを取ったが今年は大腸の方はセーフだった。胃は粘膜下腫瘍と言われた。胃カメラの所見から様子を見ましょうと云うことになった。それ以来気のせいか胃の調子が変で酒を飲んだ翌日は特に具合が良くないと思い込んでいる内に飲まなくなった。以前も断酒した後で酒を飲むと猪口で一杯飲むと酔いが回った。飲みたいときは猪口2杯飲んで満足していた。2日続けると物足りなくなり2合は飲んでしまうのは分かっているので1ヶ月以上飲まないでいたが小はんの会で友と会ったらどうしようと考えながら湯島天神に行った。

「おしの釣り」で軽く馬鹿馬鹿しく笑わせておいて「芝浜」をじっくり聞かせてもらった。今年も暮れだなとしんみりした。

中入りで何時ものように一升瓶二本が振舞われた。一本は新潟の鶴齢で秋山郷を旅した時知った酒だ。珍しさに茶碗で少しだけ飲んだ。美味かったが案の定、顔が火照ってきた。

おしの釣りを聞くと噺とは関係ないが小学生低学年の頃を思い出す。家の前の道路を渡り50m程で坂川が在り堂ノ口橋を渡ると右手に竹屋さんが有った。老人が板の間に座り竹を割いて笊、籠等を編んでた。この横丁は畳屋さん錻力屋さん鍛冶屋さん石屋さん材木屋さん等あり職人横丁だった。竹屋さんの裏に大きな池があった。我が家の一軒おいた親戚の果物屋の一つ下の肇ちゃんに誘われて釣りに行ったのを思い出す。肇ちゃんは隣の従兄の中学生を一緒に連れて行った。私は従兄とはあまり遊んだことが無いので何故と思っていたら昔は子供達に遊びのテリトリーが有って池は私達のテリトリーでは無く釣り糸を垂れたら直ぐに地区のいじめっ子が来て因縁を付けようとした。肇ちゃんは従兄を押し出していじめっ子を追い払って私達は何事もなく釣りを楽しんだのを思い出す。6月から歯医者に通いその時だけ待ち時間に「銀の匙」を読んでいるがその頃の私は主人公のあどけなさを地で行っているようだった。

芝浜の様に無事に年を越せるのを感謝しよう。

独演会が跳ねた後何時ものように湯島天神下の店で一杯となったが私に分かっていた断酒の後の小変が起きた。小ぶりのコップでビールを半分飲んだら動悸がしてきた。家で一日前に少しでも飲んでおけば耐性ができたにと思ったのはもう遅い。今日は自重しようと臆病風に吹かれお茶を飲みながら動悸を整えた。

あまり寒くなかったので助かった。駅の階段の上り下りをゆっくりし電車も普段は優先席には座らないのをその空席を探して素早く座って無事帰宅した。家では風呂に入るか否かで躊躇したが短時間浸かった。気持ちよく温まり布団に直行した。

正月には子供達と沢山呑めるよう大晦日から門松の笹の葉の触れ合う音を聞きながら燗酒を飲んで肝臓と脳に耐性を付けておこう。

2018年11月 6日 (火)

孫が送ってくれた写真

孫は3月迄3年間神戸に住んでいた。父の転勤で東京のマイホームに帰ってきた。

小学校に上がる前から電車好きで関西に行っている間に益々知識を益したようだ。西日本の電車も大いに乗った。

春に中学生となり行動範囲は広まった。試験が終わり満を持したように鳴子峡のトンネルから列車が出てくる有名なシーンを撮りに行った。土曜の朝早く出て日曜の24時近くに帰ったらしい。翌月曜の朝は珍しい電車を見に6時に家を出で目的達成後学校に行く。若さに任せ徹底している。

鳴子温泉駅で下車しビューポイントに向かう途中で撮り鉄の皆さんを写す。時刻表を調べ橋迄小走りで行き少々待機し通る電車を写す。体の細い孫は隙間に潜り込んで写せた。撮影後、潮が引くように観客は駅へ向かうと云う。
301103naruko02_2

渾身の一枚。満足だろう。
301103naruko00_2

301103naruko01_2

面白いものに興味を持ったものだ。

2018年11月 4日 (日)

袋田の滝紅葉

天候不順が続いた秋だがこの何日かは晴天らしい。一応ネットで調べ計画を立てたが行く行かないは起きてから決めようと切符は買っていない。

起床時は晴天で暖かいので出かけることにした。みどりの窓口で特急券を買おうとしたら袋田は小さな駅でicは使えないから乗車券も買った方が良いですよ忠告されそれでと頼んだがお金が足りない。特急券だけを買って出発する。

柏で乗り換え水戸迄特急となる。これが揺れも少なく音も静かで快適である。水戸で水郡線に乗り換えるが時間が押していて駆け足でやっと間に合った。

水郡線は空いていて好天で明るく暖かい。車掌さんが居て降客の切符を手渡しで受け取る。私達もスイカで乗ったので車掌さんに精算してもらった。人の良い車掌さんで楽しかった。

袋田で降りるとバスが待っていた。歩いても40分の道のりだが乗った。滝に近づくにつれ山が色付いてくる。青空に映え輝いて思い切って行動してよかった。
301102hukuroda00

入場券を買いトンネルを歩き第一観瀑台へ豪快な滝が見える。
301102hukuroda01

301102hukuroda02

続いて第二観瀑台に 水が有ると感激が増す。エレベーターが有り3階のテラスに成っていてそれぞれの階で写す。
301102hukuroda03

301102hukuroda05

301102huku32

301102hukuroda08

301102hukuroda08_2

301102hukuroda07

301102hukuroda06

第二観瀑台を後にトンネンルを下ると吊り橋を渡り対岸へ、月居山への登山道に通じる階段がある。
301102huku20

橋から滝を見る。
301102hukuroda10

橋の下流は大岩がゴロゴロする。
301102hukuroda11

駅まで歩くと所々で交差する流れも緩やかになりダイサギが餌を漁っている。暖かく長閑なり。
301102hukuroda12
関鉄之助 桜田門外の変で指揮をしていた志士だ。事変の後、日本国中を逃げ回りこの川の近くに潜伏していたことも有った。碑がある。吉村昭の小説に詳細が書かれている。

8時に家を出てゆっくり行動し6時には帰宅できる楽しいコースだ。

2018年10月28日 (日)

記憶に留めるだけか

先月予定していた旅が台風で中止になり急遽組んだ旅に行ってきた。これも一日目は良いが2日目は寒冷前線の通過で天気は大荒れの予報だ。

一日目は青空が広まりガイドさんが言うには新潟でこの天気は珍しいと褒め明日の荒天は知って居ながら明後日は天気が崩れるのに運が良いと煽る。ベテランの上手さだ。

奥只見湖の絶景に早速カメラを取り出し構えたらerrが表示され焦った。知識が無いのに彼方此方のボタンを押したが改善されない。エイとリックの奥にしまい込みすっかり諦めた。

景色は紅葉が湖面と空に映え見事な出来栄えだ。此方は写真を潔く諦め景色に見入った。そしたらTVA(テネシー河谷開発公社)なる語が突然思い浮かんだ。小学校の頃電力を増やすため只見地方の川をせき止め巨大な人造湖とダムを建設し発電をする計画を着工すると言うニュースを聞いた。それがテネシー渓谷開発に例えられた事だ。それ以来聞くことは有ってもそれほど考えもなかった地方だがこの景色は絶景で来た甲斐が有った。

ホテルで未練がましくカメラを彼方此方動かしていたらerrが表示されたシャッタースピードと絞りが表示される場所に数字が表れ撮れるようになった。明日は悪天だが写すことができると安堵した。

2日目は5時には起き外を見たが地面は濡れていないが空は灰色である。旅に出て雨にたたられることは有るので諦めていたが降られないかもしれないと希望的な根拠のない予想をした。

目的地は秋山郷で平家の落人が隠れ住んだと伝説の処という。昭和の初め
観測隊が部落に入った所村民が「未だ源氏の天下か」と聞いたという逸話がある位の僻地だった。

新潟の津南町から長野の栄町に至地域で中津川の渓谷沿いを往復する。道路が狭く大型バスは通れずマイクロバスになる。

魚沼展望台に行く車窓から 未だ青空が見える。コシヒカリで有名な魚沼は山間部の盆地で広くない高地で旨いコメを生産したものだと感心した。
301027akiyama00

301027akiyama01

展望台から 周りの山も山全体が紅葉している。
301027akiyama02

301027akiyama04_2

予報通り雲が多くなってきた。岩に張り付くように根を張った木が色付いている。紅葉が雲で切れる。
301027akiyama05

301027akiyama42

301027akiyama07

前藏橋
301027akiyama43

301027akiyama12

301027akiyama13

301027akiyama15
蛇淵の滝到着したが2台のマイクバスが止まったばかりで往復30分の滝見学に他車の観光客が歩き出した。2台分のマイクロバス駐車場しかなく我々はその先の切明集落に予定を変更した。
切明集落 秋山郷観光の最深部となる。
301027akiyama

来た道を戻る。
301027akiyama18

紅葉に抱えらる様に集落がある。
301027akiyama21

蛇淵の滝。 満車で止まれなかった所に戻った。
301027akiyama25

301027akiyama26

いよいよ雲が下りてきた。傘を差さずに通過できラッキーだった。
301027akiyama28

秘境100選に選ばれる処だが紅葉は特別綺麗だ。
301027akiyama29_2

不出来だが記録に残せたのは嬉しい。

«2018年松戸神社連合渡御

フォト
無料ブログはココログ