« セッカだけではないカワラヒワも股開き。 | トップページ | 雄大な寸又峡の紅葉。 »

2010年11月22日 (月)

寸又峡の紅葉。

先祖の故郷の静岡には熱海と未遂だったが箱根から三島まで歩いた他には行った事が無い。

紅葉の時季でも有るし南アルプスの紅葉が見られると言う寸又峡に行ってみようと思い立った。

切符の都合で静岡まで新幹線で行き静岡から金谷に東海道線で。

金谷から大井川鉄道の鉄道とバスで目的地に行く。

ネットで乗り物の時間が調べられるので不安は少ない。

20年位前に赤城や榛名の紅葉に感激した。其のあとに行った一の倉沢の紅葉も良かった。大きな山の紅葉はそれ以来だ。

山の頂上付近は葉が落ち木が現れているが目の行く所は真っ盛りで日の光に照らされ誠に美しい。

夢のつり橋があり大きく揺れるつり橋を40cm位の板の上を渡るのは管理に全幅の信頼を寄せたので楽しかった。

221121sumata00

221121sumata03

221121sumata05

221121sumata08

« セッカだけではないカワラヒワも股開き。 | トップページ | 雄大な寸又峡の紅葉。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

高所恐怖症には無理な場所です^^。

saheiziさん 手の幅で両側にワイヤーが有るので老若男女誰でも悠々です。

絶景かな~♪綺麗な水色に紅葉が映えますね。
大井川鉄道のSL一度でいいから乗ってみたいです。

水の色は独特です。
小生の年代はSLは通学で年中乗っていました。

真偽の程は知りませんが柏の測候所の器械が電化により狂う恐れが有るから汽車を走らせているのだと聞いていました。その測候所が現在も有るのかは知りません。
昨日乗った車両が昭和17年製とのことで同い年でした。相当くたびれていました。小生も人が見ればこんな者なんだと自覚しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寸又峡の紅葉。:

« セッカだけではないカワラヒワも股開き。 | トップページ | 雄大な寸又峡の紅葉。 »

フォト
無料ブログはココログ