« 一挙に春。 | トップページ | 京都散歩 慈照院、大聖寺。 »

2013年3月 9日 (土)

目付きの鋭いカイツブリ。

カイツブリが突然浮き上がってきた。

口には小魚を咥えている。

大河の中で小さい体で小魚を咥えるのは偶然の賜物だろうか?

浮いている近くを泳ぐ魚を見つけ潜って追いつくのだろうが大空に鳥を見つけるのと同じような事か?

安心して浮き上がった所に小生を認め安全地域まで大慌てで逃げ出した。

250303kaitu00

250303kaitu01

250303kaitu02

250303kaitu03

250303kaitu04

大正生まれの古老に聞くと当地ではカイツブリを「ムグリッチョ」と呼んでいたという。
http://edogawa.at.webry.info/200711/article_1.html

« 一挙に春。 | トップページ | 京都散歩 慈照院、大聖寺。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

茨城出の母もいまだにムグリッチョと呼んでます。鳥の別称も調べると面白そうですね!

川瀬さん 取手から来ていた友は使わなかったけど嘘だというのを「ちくだっぺ」と言うと言っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目付きの鋭いカイツブリ。:

« 一挙に春。 | トップページ | 京都散歩 慈照院、大聖寺。 »

フォト
無料ブログはココログ