« 夕方のトンボ。 | トップページ | あぶらぜみ。 »

2014年8月21日 (木)

留まっても鳴くセッカ。

空で体の割りに大きな声でヒッヒッヒ、チチッチ、チチッチ、チチッチと鳴く。

人間の身体に換算すると雷鳴ほどになるか。

鳴き終わって着草するのが普通であるが鳴き足りないのか留まっても大きな声で鳴くこともある。

260819sekka00

260819sekka01

260819sekka02

260819sekka03

260819sekka04

« 夕方のトンボ。 | トップページ | あぶらぜみ。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

雷鳴のように啼き龍のように飛ぶのでしょうね。

佐平次さん 肉食で気かん気が強そうな所ではそう感じますが小さく可愛い鳥なので比喩を間違えました。

ひろちんの様にしゃべり足りないのかなあ。きっとおかあさんに「やかまし」って言われているね。

ひろちんへ 鳥は放任主義だ。子供でも自分で狩をして食べていく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 留まっても鳴くセッカ。:

« 夕方のトンボ。 | トップページ | あぶらぜみ。 »

フォト
無料ブログはココログ