« 姫路 書写山円教寺 | トップページ | 5月の河川敷 »

2015年5月10日 (日)

三ノ宮近辺

三ノ宮駅から徒歩で市内を回る。住んで3週間の娘が案内してくれる。

 

駅近くに生田神社がある。官幣中社の大きな石柱が有る。三韓征伐の神功皇后に由来する神社という。

 

源平合戦の折は一の谷の戦いの時、平家の総大将平知盛が陣を張ったところという。源氏側では梶原景季が境内の梅の花を箙に差し戦った故事が「箙の梅」として有名らしい。また太平記では新田義貞が足利尊氏を迎え撃つ為陣を張った所だ。正成は湊川の会下山に陣取る。

お袋から別格官幣大社という言葉を聞いたが人物を評価するときの位として聞いていた。

神社は格式のある佇まいで本殿裏には街中にもかかわらず大木の茂る杜が残されている。
270501koube00

270501koube01

次いで名は忘れたが初代市長の小寺さんの庭園。つつじが盛りできれいだった。黒田官兵衛も主君の縁続きで小寺姓を名乗っていた。
270501koube02_2

御座船の屋形部分を茶室にした建物。
270501koube03

お任せだったので名所の名前は一ヶも覚えていない。神戸は狭い平地に海と山が迫っている。この庭園もいくらか坂を上ったところだが更に高台の公園に行く。昨日書写山をちょっと歩いただけで15000歩だったと娘が疲れることを言う。今日はもうそれ位は歩いている感じだ。お稲荷さんと勝海舟が幕末に造った海軍操練場の碑がある。脇の別の石碑の中央には坂本竜馬の文字もある。
270501koube04

操練場跡は街中の海辺にあるが碑は此処に移した。
270501koube05

地図を見ながら湊川神社に行く。鉄筋のモダンな建物にびっくりした。南北朝時代の後醍醐天皇に忠誠をつくした忠臣楠正成を祭る。白地に菊水の旗印は清々しい。解らないが官幣別社という。必敗の戦いに赴く正成と子の正行の別れは桜井の訣別として有名だ。正成は尊氏に敗れ、正行は2代目足利
義詮の時に足利軍の高師直に四条畷で敗れる。嵐山の宝筐院には足利義詮と正行は並んで眠る。楠親子は敵にも愛される人格者と言うことだ。
270501koube08

270501koube06

270501koube07

日差しの強い中照り返しに蒸され先ほど山の公園で見た碑の本来有った海軍操練所の跡地に行く。竜馬が航海術を学び海運業を興し維新へと走った処を見学した。

270501koube09

此処は海辺だが振り返ると直ぐ山だ。
270501koube10

神話の14代天皇の皇后(日本武尊の子供が天皇さまで其の后)から維新までの歴史を短時間で歩いた。

歴史見学はこれまでにして魚崎に電車で移動し灘の酒蔵見学をした。00酒蔵に駅から15分くらい歩いて行ったが途中30代位の男女に追い抜かれた。その二人も同じ酒蔵に入ったが施設の見学をする素振りもなく試飲コーナーに行き早々と一杯を始めた。美味い酒が安価に飲める。

我々は酒造りの工程を見学し例によって女どもがお土産を探し始めた時に初めて試飲しようかと思った。女房は飲まないが娘は食前酒くらいはやる。娘とこの酒蔵でしか飲めない秘酒を一杯30mlくらい300円也を飲んだ。女房は酵母入りのソフトクリームを食べたが此れもおいしかったと言っていた。

 

酒が美味かったので買おうと思ったら生酒なので長時間持っていくには適さないと言われた。それではと火入れした酒を試飲して美味いのを買った。酒もそういう違いがあるとは知らないでいたとは迂闊だった。普段一升1600円位の酒を飲んでいるのに4合で1400円の物を購入した。口の中を爽やかに通り過ぎた酒だった。
270501koube11

270501koube12

« 姫路 書写山円教寺 | トップページ | 5月の河川敷 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

連日でエネルギッシュに歩きましたね。
でも娘さんと一緒だと平気かな。

佐平次さん 歩けるうちは貪欲に歩いて見学することにしています。去年の11月頃より普段歩いていないのが不安です。

今日は良いお天気で神戸見物ができましたね~♪ 
三ノ宮や酒蔵見学をされた辺りは震災で大きな被害があったところです。
見違える程になりました。
これからも兵庫県を楽しんでください~💛

ユメフーセンさん ツツジの庭園の洋館も煙突が折れて庭に展示してありました。唯珍しがって観光したのは不謹慎でした。見るところは沢山有りそうなので又覗いたいと思います。

先日は来てくれてありがとう。今また一人でトボトボ歩いています。
つつじのところは相楽園。石碑があったところは諏訪山公園です。
お酒は一緒に飲んだほうがおいしいね。
源平合戦の簡単な本ないかなあ。

ひろちんへ 知らない所で名所のあるところは歩いて楽しい。良く調べて行くから宜しく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三ノ宮近辺:

« 姫路 書写山円教寺 | トップページ | 5月の河川敷 »

フォト
無料ブログはココログ