« 旭天鵬の断髪式 | トップページ | 父の日プレゼント »

2016年6月 1日 (水)

曇り空の朝の江戸川

6月に入り梅雨も近いと思わせる。予報によると入梅の予想は立たないと言っている。

カメラが自然にシャッター速度が上がってしまい暗い画面しか撮れなくてメーカーに問い合わせをしたら的確に教えてくれた。試しに5時半過ぎに川に行った。軽く靄った薄暗い河原は葦が背丈以上に伸び道が狭く露に濡れ歩きにくい。木や草の成長過程の緑が迫り圧倒される。

その中で鳥が横切った。珍しい物かと撮ったがスズメだった。
280601edo00

クサフジとスズメ。
280601edo01

土手を上るとヨシキリの大合唱が響く。葦の葉その上の柳の葉にかくれて姿は見えない。葦の葉の奥のヨシキリ。
280601edo06

280601edo07

280601edo08

280601edo09

他に見かけるのはツバメだ。猛スピードで飛び何回か往復してくれるのでまぐれで写る。
280601edo02

280601edo03

280601edo04

280601edo05

鳥は少く曇っていて朝の散歩は蒸すがシャワーを浴びるとすっきり覚醒する。

« 旭天鵬の断髪式 | トップページ | 父の日プレゼント »

趣味」カテゴリの記事

コメント

私も犬の散歩の時間がだんだん繰り上がっていきます。
真夏には起き抜け、それでも舗装道は熱い、嫌だなあ。

佐平次さん 現在は日に当たるのが目的だからもちょっと遅くていいのですが真夏になると6時には陽が土手を越えるので5時には川に着くようにします。真夏の陽には当たらないようにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曇り空の朝の江戸川:

« 旭天鵬の断髪式 | トップページ | 父の日プレゼント »

フォト
無料ブログはココログ