« 北海道東部旅行(紋別から川湯) | トップページ | 北海道東部旅行3(知床峠野付半島納沙布岬) »

2018年6月26日 (火)

北海道東部旅行2(摩周湖・知床)

今日は地図の赤い線を行く。知床見学だ。
Dsc_1041

二日目は4時50分出発で霧の摩周湖を見学する。温暖化の影響で気温が上がり摩周湖の霧は僅かだった。ガイドさんが幻日が見えると興奮したので小生も高ぶったが珍しいものを見て良かった。

太陽と同じ高さに円形の虹が見えることを幻日と言うらしい。画面中央が幻日。太陽を挟んで左右に二ヶの幻日が見えラッキーだ。右の幻日。
300623hokkai01

太陽側の側面が虹色に輝く。左の幻日。
300622masyu02

左下が幻日の反射。雲海の残骸も僅かに見られる。
300623hokkai00

300623hokkai03

摩周湖の反対側は屈斜路湖を含むカルデラで日本一の大きさだ(実は阿蘇よりも大きい。)
屈斜路湖を覆う雲海。
300623hokkai043300623hokkai04_3

30623hokkai0000

泊まった川湯温泉は近くの硫黄岳を含む火山地帯による。大した防御もしないで硫黄を採集し被害も大きかったという。
300623hokkai05

今日も広い農地を見ながら街道を行く。
300623hokkai07

公道でなく農道が特別長く天に登る道に例えられ「天に続く道」という。
300623hokkai08

オシンコシンの滝=エゾ松密集地帯の滝の意。
300623hokkai20

宇登呂に行きクルーズで知床半島を海上から見る。
船着き場の断崖にエゾカンゾウが咲き競う。
300623hokkai10

遊覧船に乗り出航。
300623hokkai11_2

荒れ狂う流氷が岸壁にぶつかり削り取り様々な形を作る。
300623hokkai12

乙女の涙と言われる滝。
300623hokkai13

象岩
300623hokkai000_2

300623hokkai14

300623hokkai15_2

カムイワッカの滝。此処で折り返す。
300623hokkai

300623hokkai_3

宇登呂を一望するプユニ岬。広がるはオホーツク海。
300623hokkai17

砂金が出そうな渓谷を見下ろし一湖を目指す。国民宿舎がありバイクやバイシクルでくる人が多いという。
300623hokkai18

池塘が沢山ある平原に知床五湖がある、その一つの一湖見学を木道を通りする。尾瀬や月山に似る。一湖と知床連山。
300623hokkai19

ホオジロが鳴く。湿地帯の花と野鳥が目的の一つだが花も見当たらず鳴き声は聞こえるが鳥も見えない。やっとホオジロがなれなれしく人通りの多い木道に現れた。
300623hokkai000

今日も天気に恵まれ珍しい景色を見られた。宇登呂泊。

« 北海道東部旅行(紋別から川湯) | トップページ | 北海道東部旅行3(知床峠野付半島納沙布岬) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

とてもきれいだね。実際はもっときれいなんだろうなあ。
この道はテレビで見たことがあるよ。どこまでも続いている感じだよね。

ひろちんへ 日常と違うと一見して感じた。美しい処だ。

摩周湖に写りこんだ幻日!すごいスクープ写真ですね。
私は40年以上も前にカムイワッカの滝まで川(温泉)を歩いて滝つぼの温泉に入った記憶があります。
今でも温泉なのかな。

佐平次さん 若いころに電車とバスを乗り継いで行けたら良かったと思いました。カムイワッカ滝の湯は一押しの様です。

こういう素晴らしい所に家族と行きたくなりました。

ペンペンさん 節制して健康を保ちましょう。家族でゆっくり出来たらこの上ないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432349/73753826

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道東部旅行2(摩周湖・知床):

« 北海道東部旅行(紋別から川湯) | トップページ | 北海道東部旅行3(知床峠野付半島納沙布岬) »

フォト
無料ブログはココログ