« 免許証更新時認知検査 | トップページ | 魚煮付け »

2018年12月11日 (火)

子供の頃は近所に魚屋さんが有って経木に魚の品書きを墨書して注文取りに来た。魚は好きではなかったが週のうち4、5日は魚だった。カレイ、金目、サメやナマリ(カツオの加工品)の煮つけは多かった気がする。刺身は特に好きではなかった

 

隠居してから週二回は00魚類やxx市場に魚を買いに行く。魚は腹ごなれが良く胃がすっきりして気持ちよい。

現役の頃は休日に上野の「かっぱ寿司」によく行き並んですし詰めのカウンターで腹いっぱい食べた。偶に回転ずしに行くと家族連れが多く子供が一杯で子供が生魚を好むのにも驚いた。

 

サメやナマリは魚屋で眼にしない。一昨年辺りから値段が上がったがカツオの刺身はフライパンで表面を焼いて叩きとしてよく食べる。

 

今年は秋刀魚が10月下旬から一尾100円を切るようになり安くなってからよく食べた。

 

ブリの切り身も手ごろなのでよく食べる。

 

一つ利口になったことが有る。カレイがカレイの名でトレーに乗るものは二切れで400円位だが市場でナメタカレイだよ良い品だよと言われ買ったがその価値を知らないので一切れ400円近いのに少し高いなと思った。煮付けで食べたが美味しかった。00魚類の方で二切れ400円位のを買ってみたが味が薄い感じがし別物だった。
行くたびに両方の店でナメタカレイの値を見るが一切れ400円から600円する高級魚だと分かった事だ。

市場でヤリイカを一杯と言ったところスルメと違って高いよと心配された。小ぶりなのを幾らですかと問うたところ目方を計って430円とのこと。00魚類では小さめの二杯で300円位で相場は知っているので求めた。何時ものより肉厚で旨かった。

 

それよりもキンメダイが結構高価だ。子供の頃よく食卓に出た気がするがこの値じゃ頻繁ではなかったのだろう。

最近の大当たりは市場で見つけた本マグロの切り落としで山盛りの鉄火丼で満足して食べている。

« 免許証更新時認知検査 | トップページ | 魚煮付け »

趣味」カテゴリの記事

コメント

私の実家ではナマリは大根おろし、ポン酢え食べる事が多かったですね。
魚は大抵近所にある魚屋(根本の魚力)で買う事が多かったです。
そういえば、なまりとは違う話ですが、
阿波踊りのシーズンに徳島に行き、その後高知に回りお土産にと生ブシを買ったんです。
帰宅するまで暑い中を三日以上あったものですから、真空パックだった筈ですが、中で発酵して帰った時にはパンパンに膨らんでました。

ぺんぺんさん 魚力は随分頑張っていました。駅通りの魚鹿は大変な繁盛でした。我が家は2丁目信用金庫前の伊勢丑という魚屋でした。昭和後半は東京から引っ越した人が多く、お客さんに東京の魚屋さんの隠居が居てデパートに入っている魚屋の職人の給料を聞いてびっくりしました。

魚力さんは私が香港から帰国した頃までは建物がありましたけど、廃業されたのはそれから数えて数年前だと思いますので、少なくとも20年前くらいまでは営業していたと思います。
土田利吉さんという方が創業の筈で、それから店名を魚力としたんじゃないか?と思っています。駅ビルのアトレの二階が刷新されて、魚力という魚屋さんが入ってますが、調べてみたら立川の会社らしく、多分全く関係は無いと思われます。
伊勢丑さんは確か、現在の高橋農具ビルの真ん中あたり、松丸酒店の先で原田米店の手前辺りにあった記憶があります。石井姓だったかな?
もっと角町に近い所にあった鳥海米店先の平内屋は行きませんでしたか?
千葉テレビの放送で松戸宿を案内する番組があったんですが、それに出てきてました。ビデオもあります。ご覧になりますか?
故松下邦夫先生が案内しているものです。

ぺんぺんさん 私の小学校時の記憶では麦畑、松丸酒店、丑さん、小沢下駄屋、農機具店、森谷電気、原田米店。麦畑が後三和銀行になった。魚は丑さんだけでした。石井さんです。
ビデオ見たいですね。

私は長野育ちのせいか、子供の頃は秋刀魚鰯が主体かな。
刺身などは殆ど口にしなかったです。
コールドチエーンがなかったし。
「魚力」という魚屋は長野駅の近くにあって、息子が「ザ・ガードマン」に出て有名になりました。
渋谷や吉祥寺の駅ビルに「魚力」がでてそのあと首都圏の駅ビルを席捲しましたが、あれは別物なのかなあ。

佐平次さん 九十九里の方に嫁いだ姉が昭和50年代か綺麗なカツオの刺身を持ってきてくれ感動したことが有りました。それまでは変色した物しか見ていませんでした。根本の魚力は個店と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 免許証更新時認知検査 | トップページ | 魚煮付け »

フォト
無料ブログはココログ