« 落語と雑感 | トップページ | 久しぶりの鳥撮り。 »

2019年3月 5日 (火)

中距離の買い物コース

運動不足解消の為、遠回りして目的地に行くことが有る。家とスーパーは駅を挟んでほぼ等距離にある。これを最短距離で行けば往復500歩である。久しぶりに晴れたので神社から市場跡を越して小山の陸橋で常磐線を跨ぎ千葉大園芸学部を横断し駅近くのスーパーに戻るコースで買い物をした。食料品買い物コースの中距離コースで7000歩の道のりだ。その上のコースもある。

当地区は米どころであったが江戸川流域の湿地で水害に苦しめられ坂川を開削し凌いだという。川沿いに松戸神社があり3丁目、宮前町、角町違う神社の町会の小山に続く。3月2日3日にその地区で河津桜まつりが行われた。私はピンクの濃い河津桜や八重桜は好きではなく見向きもしなかったが5日午後の日に照らされた桜は美しかった。

310306kawazu00

310306kawazu01

310306kawazu

江戸時代は江戸川の対岸金町に関所が有り有事には撤去できるよう橋代わりに船を並べて通し、下横町に着いたので町の中心はこの地区で寺や料亭も有り賑やかだった
310306kawazu02

色合いの合う柑橘系の木も存在する。
310306kawazu000

補色同士は互いに引き立せる。
310306kawazu03

小学生の頃は橋は欄干は無く丸太を並べ土を敷いてあったと思う。
310306kawazu04

メジロが元気に蜜を吸っていた。
310306kawazu05

小山の陸橋で駅方面を望む。
310306kawazu06

巨木が覆う千葉大園芸学部の旧正門。左丘の中腹に竹内啓の奥城がある。
310306kawazu07

昭和20年代は松戸の最高の憩いの場であったベルサイユ宮殿の庭園を模した園芸学部のフランス庭園。花は未だであった。
310306kawazu08

校舎を増築している大学を通り越し食料品を求めてスーパーへ向かう。これで家へ帰りついて7000歩一日のノルマに近い。
湯島の梅と同時に松戸の桜を見られ植物も新種が加わると春を待ちわびる端唄も対比が狂う。

« 落語と雑感 | トップページ | 久しぶりの鳥撮り。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

春の訪れを感じながらの散歩、7千歩で膝などはなんともなかったですか。
私は一日8千歩ですが、6千歩くらいで足や膝がもうやめろと言います。
やめると物足りないので歩き続けます。

佐平次さん 冬の間あまり外に出なかったので足を気にしましたが異常は有りませんでした。手術の後遺症が進むのでその為にも歩かなくてはいけません。雨に出ばなをくじかれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中距離の買い物コース:

« 落語と雑感 | トップページ | 久しぶりの鳥撮り。 »

フォト
無料ブログはココログ