« 柳絮が飛ぶ | トップページ | 河川敷の花々 »

2020年4月30日 (木)

帰る鳥&留鳥

鳥インフルエンザ騒動の時はツグミの死骸やチョウゲンボウの死骸を見た。不気味だった。

新型コロナは重篤な肺炎になると厳しいようだ。川散歩も週一にし、マスク、手洗い、うがいしっかり予防しよう。

ツグミが狭い地区に団体でいる。点呼して団体で北に帰るのだろう。寒い時は地上で背伸びしていることが普通だが
現在は木に留まるものも多い。

200425edo00-4 
アオジも北に帰る。地味な色合いの鳥だが陽に照らされると綺麗に見える、腹の黄色の見え具合による。
200425edo02-2
コガモ♀ カモ類は帰ってしまった。メス2羽が残る。
200425edo07 
留鳥
スズメが元気だ。
200425edo04-5 
スカンポとスズメ   ジャワ更紗はこんな色彩だろう。
200425edo04-6 
シジュウカラ  子供の頃は山に行かないと見られないと思っていた。町中で見ることも有る。
200425edo06-2

200425edo06-3 
モズ 秋 肌寒くなってキーキー鳴くが6月ごろまで見る。
200425edo03 
繁殖力の凄いムクドリ。
200425edo05 
ケンケーンケンケーンと鳴きメスにラブコールを送る。 キジ。キジのホロウチ
200425edo08-2

« 柳絮が飛ぶ | トップページ | 河川敷の花々 »

コメント

川辺の鳥類図鑑ですね。
おたがいに罹患しないように最善をつくしましょう。

佐平次さん 日の光で綺麗に撮れます。黄夭ノ救イナキヲ傷ミにならぬよう注意しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳絮が飛ぶ | トップページ | 河川敷の花々 »

フォト
無料ブログはココログ