« 明るい河川敷 | トップページ | 帰る鳥&留鳥 »

2020年4月23日 (木)

柳絮が飛ぶ

洗濯物を干しに行くと柳絮が飛んでいる。500m川から離れているのに柳の種が綿状になって飛んでくる。

河川敷にある丸坊主だった柳が芽吹くと次第に若葉が勢いを見せる。暖かさとともに花が咲き柳絮が飛ぶ。 

未だ飛び始めだ。盛りでは吹雪のようになる。木の下は雪が積もった様になる。
200423edo10
柳に集まる鳥達を撮ってみた。普通によく見る鳥達だ。葉が茂ると鳥を見つけにくい。
好天にバーダーもちらほら活動する。
ホオジロと柳の花  葉の若緑も美しく勢いを感じる。若緑に鳥が集まる。ホオジロは自慢の喉を披露する。
200423edo

200423edo02-2
おとぎ話になったスズメは非常に少なくなったが元気が良い。
200423edo03

200423edo05 
シジュウカラはホオジロより太い声でちゅぴー、チュピー鳴く。
200423edo07

200423edo08

渡り鳥のコムクドリ
200423edo13
200423edo14
留鳥のムクドリ   街路樹に群れ歩道を白くする。
200423edo09
新型コロナに覆われ暗い気持ちは晴れないが川は一番生き生きした季節を迎えている。5月になると野鳥にも新しい命が続々と誕生する。

« 明るい河川敷 | トップページ | 帰る鳥&留鳥 »

コメント

ちゅぴーちゅぴ―を晴れた空に聴くとほっとします。

久しぶりの楽しい写真でした。小生もも始めてみようかな?またよろしく。

寺野 彰

佐平次さん 馴染みのある姿、声は落ち着きます。

寺野先生 カメラを持って歩くのとウォーキングとは姿勢に違いがあるのか全然疲れが違います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明るい河川敷 | トップページ | 帰る鳥&留鳥 »

フォト
無料ブログはココログ